« 雑司が谷 寛 | トップページ | 予告編(新緑とバンブー持ち手の組み合わせ) »

2012年4月21日 (土)

かばん型 モネの庭

まるでモネの睡蓮を思わせるような絵画タッチのイギリスのファブリックです。

以前に制作した大きなポケットのトートバッグに引き続き、こちらはファスナー開閉のかばん型に仕上げてみました。

Diary39001
水色と言っても、色々とありますが、何と表現したら良いのでしょうか?

少し温かみのある、多分黄色とか緑が混じっているのでしょうか?そういった暖色系の水色ですね。

Diary39002
実用的なトートバッグと比べると、こちらは少しお洒落っぽい雰囲気になりました。

Diary39004
新しいデザインのバッグには、それぞれ型紙が数枚必要です。

生地の裁断にも要りますが、芯地の裁断にも必要です。

ファスナーは、これに合わせてサイズを決めます。ぴったり合うように、全てに印を付けておくようにします。

Diary39003
このような形のバッグの場合は、私は内袋を手縫いで絎けています。

内袋は、微妙に外側より小降りに作り、バッグ本体とぴったり中に納まるように取り付けていきます。

全ての工程に、正確な採寸と目印が欠かせません。

Spbanner1 布製バッグの店 スタイリッシュプラス

|

« 雑司が谷 寛 | トップページ | 予告編(新緑とバンブー持ち手の組み合わせ) »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 挨拶のマナー | 2012年5月 2日 (水) 09時50分

挨拶のマナーさん
コメントをどうもありがとうございました。

どうぞ、またいらしてくださいね。
こちらこそ、ありがとうございました。

投稿: Nawo | 2012年5月 2日 (水) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553653/54520996

この記事へのトラックバック一覧です: かばん型 モネの庭:

« 雑司が谷 寛 | トップページ | 予告編(新緑とバンブー持ち手の組み合わせ) »